山形屋歯科 坂上医院
山形屋歯科 坂上医院 099(225)3789

白くならないホワイトニング




◆ 何故ホワイトニング治療を受けても思ったように白くならなかったのでしょう?

 当院を、ホワイトニング治療希望で受診される患者さんの中に、

『以前、ホワイトニング治療を受けたのに、歯が全然白くならなかった。』

と嘆く患者さんが多いのにはいつも驚かされます。

原因を良く追及してみると、ホワイトニング治療を受けたのに、歯が全然白くならなかった皆さんは、ご自分の歯が白くなる前にホワイトニング治療を止めてしまっているケースが殆どです。


◆ 白くならないホワイトニング治療


自分の歯が白くなる事を期待してホワイトニング治療を受けたのですが、担当の歯科医師からは、

『随分白くなりましたね。』

と言われても、自分では納得のゆかない患者さんがいかに多い事かと、いつも残念に思います。

 

このような不幸な患者さんを一人でも少なくしたいと考え、数年前に

『ホワイトニングの最新知識と治療の受け方』(桐書房)

を執筆いたしました。

一般の皆さまにホワイトニングという治療を丁寧に解説し、十分に理解して頂いた上で

ホワイトニング治療を受けて頂く事が一番大切だと考えたからです。


 
しかし、残念な事に、白くならないホワイトニング治療を嘆き、歯科医師に対する
不信感をつのらせる患者さんは一向に減る気配がありません。
 
そこで、当院を訪れ、以前受けた『白くならないホワイトニング治療』に関して、切々と訴えられる患者さんの言葉から、多くの知識を得ることが出来ましたので、これらを踏まえて、どのような治療を受けたら良いのか、普段から感じている事を述べてみたいと思います。


◆ ホワイトニング治療により歯はどれくらいの期間で白くなるのか?


歯がホワイトニング治療によって白くなってゆくメカニズムについては『ホワイトニングのメカニズム』のページで詳しく解説致しました。

それでは、ホワイトニング治療を受けた際の、歯の色の白くなり方(どのくらいの期間でどのくらい白くなるのか)について、歯の色の系統別に解説してみたいと思いますが、その前に写真1をご覧下さい。


写真 1
 写真1は、40代男性で、
元の歯の色はB3でした。

治療の成果を検証するために、
ホワイトニング治療が半分程度
終わった頃
に撮影したものです。


ちょっと見た目には、結構白く清潔な感じのする歯です。

しかし、肉眼で見るとまだまだ黄色い感じの歯で、お世辞にも『白い!』とは言えない歯です。

私はこの写真を、特に工夫する事などせずに、デジカメで普通に撮影しました。

何故、写真に写ると白くみえるのでしょう?

このホームページを順番に読んでこられた皆さまには、何故写真に写ると白くなるのかという件について思い当たる事がありますね。

そうです。『ホワイトニングのメカニズム』のページでご説明致しました『マスキング効果』が思い浮かびますね。

この白さは、『マスキング効果』以外では説明がつかないと考えられます。

 写真を撮影した時のフラッシュの光が、歯の表面にあたり、大量の光が歯の表面で乱反射を起こした結果 歯が白く見えていると考えるのが自然ですね。


その事を裏付けるかのように、同じ条件で私の歯を撮影すると、歯はすべてつながって真っ白く塗りつぶされた様に 写ります。

これは、写真の患者さんの歯の『マスキング効果』が、私の歯のものより弱いと考えるとすべて筋が通り、納得できますね。

私の歯は、数年前からホワイトニングを行い、丁寧に管理しながらタッチアップを繰り返してきたものです。 歯の表面の『マスキング効果』は限界に近い状態で維持されています。

この患者さんは、最終的にB1の明度まで上がり、とても白い歯になって『ホワイトニング治療』を終了しました。 私は、ホワイトニング治療の結果、最終的に『マスキング効果』が限界に近い状態にまで導けたのではないかと 考えています。

『歯はどれくらいの期間で白くなるのか』という事は、言い換えれば
『歯の表面はどれくらいの期間で、限界に近いマスキング効果を獲得できるのか』という事になりそうですね。


当院では、現在、ほとんどの患者さんにデュアルホワイトニングで治療を受けて頂いております。

その経験から、歯の色の系統と白くなってゆくスピードにある程度の関連を見つけました。 表2がその傾向を表したものです。

表 2

縦軸が白さ(明度)を表し、横軸が時間の経過を表します。

表を見ると、A系統の色が早く白くなり、一番手間のかかるのがC系統ですね。

それでは、各系統の色の白くなってゆく経過につきお話してゆきましょう。

但し、歯の表面構造や年齢といったホワイトニングに影響を及ぼす他の要因は全て同じであるとの仮定で話を進めてゆきます。

◆ A系統の歯のホワイトニングに対する反応

表 3

 表3に示す通り、『A系統』の色の歯は、全体として黄色味を帯びた単色の歯で、ホワイトニング治療に良く反応して、 比較的短期間で白くなってくれます。

しかし、短期間で大きく変化した状態は、生体の持つ『恒常性』により、早期に元の状態に戻ろうとする反応が 見受けられます。

速く白くなった歯は、色の後戻りも早期に起こる傾向があるという事になります。

これは経験上の感想ですが、1回のオフィスホワイトニングで10シェード以上も明度が上がったような歯に限って、 翌週まで毎日ホームホワイトニングを行っていたにもかかわらず、シェードが少し落ちて暗い色になりやすいと 感じています。

これは『A系統』の色の歯が宿命として持っている性質で、歯科医はこの事を熟知して『A系統』の色の歯のホワイトニング治療に当たる必要があると感じます。

『A系統』の色の歯の治療に当たっては、主に色の後戻りを丁寧に観察しながら、限界のマスキング効果が得られるように、丁寧なホワイトニング治療が望まれます。

『A系統』の色の歯の患者さんのホワイトニング治療を行いますと、直ぐに白くなってくれますので、患者さんからは 大変喜ばれます。

しかし、歯の色の戻りも速いので、その事を患者さんにしっかりとお伝えして、限界のマスキング効果が得られるまで 頑張ってホワイトニング治療を受けて頂いております。



◆ B系統・D系統の歯のホワイトニングに対する反応

表 4

 B系統の歯は全体として黄色く、歯ぐきとの境目が濃い黄色またはオレンジ色のツートーンカラー、D系統の色の歯は全体として黄色く、 歯ぐきとの境目がグレーのツートーンカラーです。

これらのB系統・D系統の色の歯のホワイトニングに対する反応は似通っており、だいたいの反応は表4に示したように変化してゆきます。

歯と歯ぐきとの境目の色がなかなか白くならず、強情なケースでは最後まで消えずに薄く残る事もあります。

但し、適切なホワイトニング治療の後には、歯全体の明度が上がるため、最終的に気になる方はおられない様です。

『B系統・D系統』の色の歯は、ホワイトニング開始後しばらくの間は、思ったほど歯の明度が上がりません。

患者さんにしてみれば、


『毎日頑張るのに一向に変化が無いなぁ・・・・。』

と張り合いの無い日々がしばらく続く事になります。

なぜ、このような時期があるのか、良くわかりません。

しかし、やがて急速に明度・彩度ともに上がる時期がきます。 この時期が最も大切で、白くなったからと安心せずに、患者さんを激励しながら確実にホワイトニング治療を進めます。

そして最終的には、歯の明度もB1・A1といったかなり白い色に近づき安定してきます。

         

◆ C系統の歯のホワイトニングに対する反応

表 5

 C系統の歯は、全体がグレー(灰色)の単色の歯で、
最もホワイトニング
治療が困難な歯

です。


 しかし、C系統の歯の方は、ご自分の歯に絶えず劣等感を持ち、いつも『何とかしてあげたいな』と考えたくなる 様な色の歯です。

まず、C系統の色の歯の方には、ホワイトニング治療に限界があることをお知らせします。

限界があると言っても、頑張ってホワイトニング治療を続ければ、だいたいA2程度の明度にまで白くなりますので、 治療終了後には、全員の患者さんに満足して頂いております

ホワイトニングに対する反応を観察すると、すこしづつではありますが、確実に明度が上がってきます。  


◆ ホワイトニング治療を受ける歯科医院の選び方


優れた歯科医師の条件としては、次のような事が考えられます。


@ ホワイトニングについての豊富な知識を持っていること。


A あなたの歯の性質について詳しく説明できる能力があること。


B 歯科医院でのホワイトニングの治療方針を明確に示せること。


C ホワイトニングの料金の見積もりをきちんと示せること。


D ホワイトニング治療中・治療後の歯磨き等の歯の管理について十分な説明が出来ること。


E あなたに合った適切なホワイトニング治療をしてくれること。



 

これらは、よく考えてみれば、すべて当たり前のことです。

しかし、ホワイトニングのメカニズムにはまだ解明されていない部分もあります。

実は、ホワイトニングは、ここ20年ほどの間に急速に発達してきた技術です。 現在でも、大学の歯学部ではホワィトニングの講義は、ほとんど行われていませんし、専門の講座もとても少ないのが実態です。

文献や専門書籍も少なく、ホワイトニングの基礎知識と技術の習得には大変苦労します。

ホワイトニングのときに、人によっては治療中に痛みを訴えたり、後から知覚過敏が出たりす る場合がありますが、なぜ人によって違いがあるのか、不都合な症状が出ないようにするにはど うしたらよいか、また不幸にして不快症状が出てしまったときにどう対処するかということについ て、きちんと勉強している先生に見てもらう必要があります。

このようなことも含めて、トラブルを事前に回避できる力量のある歯科医師に治療してもらうの がベストです。  

では、どうすれば優れた歯科医師を見分けられるのでしょうか。  

 
それは簡単なことです。



ホワイトニングの治療を受ける際、いろいろと詳しい相談をしてみてください。

そのとき、よく勉強している先生ならば即座に納得のいく説明をしてくれるはずです。

 『白くならないホワイトニング』では話になりません。

お小遣いの無駄使いになるばかりでなく、精神的な落胆も大きなものとなります。

 

 

◆歯のホワイトニングは歯科医療です

 

 もう一つ、私が最も心配なのは、曖昧で誤解を招きそうなキャッチコピーが巷にあふれているという事です。


週刊誌やネット上には、歯のホワイトニングに関する無数の広告があふれています。

 

 

歯のホワイトニングを自宅で手軽に!

黄色い歯とお別れ!ホームホワイトニングのすごい実力!

○○○で自宅で歯をホワイトニング!

1日○○円で始めるホワイトニング!

○○で歯を簡単にホワイトニング

歯のホワイトニングなら自宅で簡単!

 

 

 

勿論、これらのキャッチコピーが全て『うそだ!』 『でたらめだ!』と言っているのではありません。
ここまで、順番にこのホームページをご覧になった皆さんは、

 

@ 歯の色がA系統

A 歯の多量の着色物質が沈着している

B 比較的若年者

C 歯の表面構造が滑沢

D 歯の大きさが平均的な日本人の大きさよりやや小さい

 

等の条件が整えば、一時的にせよ『自宅で出来る簡単なホワイトニング』で歯が白くなる事はもうご理解頂けていると思います。

 

  問題は、誰でも簡単に歯が白くなると誤解を生むような表現になっているという事です。

 

日本では、

 

 

歯のホワイトニング = 歯科医療

 

 

という扱いになっています。

 

 これは、ホワイトニングには歯科医学の知識が必要不可欠だからです。

 

  ホワイトニングに精通した歯科医は、きちんとした勉強を積み・経験を積んだ上で皆様にホワイトニング治療を提供しています。

 

 歯の色が何系統なのか、また歯の性質にたいする診断がきちんとできて初めて、ひとりひとりに合ったホワイトニング治療を提案する事ができます。

 

  また、ホワイトニング治療中に起こる不都合や不快症状に精通して、その対処法をきちんと身に付けた歯科医でないとホワイトニング治療を最後まで安全に確実に行う事はで きません。

 

 安易に安価な方法でホワイトニング治療を行う事が、結局は失敗を生み、ホワイトニング効果の後戻りがきても対処の方法が分からず皆さんを絶望させます。

 

◆ 白さを維持するために考えなくてはならない事

 

女子力をアップする方法〜歯をホワイトニングする〜 


 女子力アップのための努力の一環として、歯のホワイトニングをする方も意外に少なくありません。


 笑った時に汚れた歯がみえたら、せっかくメイクファッションを頑張っても帳消しですよね。

 

 歯のホワイトニングをするには、歯のホワイトニング用のグッズを使って自宅で行う方法と歯科医師などの専門家に施療してもらう方法があります。

 

 特に審美歯科では、歯のホワイトニングに力を入れており、芸能人ばりの美しい白い歯に仕立ててもらうことができるでしょう。


 ただ、歯医者などで歯のホワイトニングをする場合には、料金設定と口コミをよく確かめた方がいいですね。

 

 歯のホワイトニングの料金設定は、その歯医者によってまちまちですし、高いからといって、より満足できるような白さになるとは限りません。


 それに、一度行えば、それでもう一生白い歯が保てるというものでもないのです。

 

定期的にメンテナンスを行うことのできる料金設定の歯医者を探すようにした方が良いでしょう。


 歯のホワイトニングをすると、歯を見せて笑うことにためらいがなくなり、笑顔に自信が持てるようになりますよ。

 

 これは、あるホワイトニングを紹介した文章です。

 

 どこも間違ってはいませんが、ひとつ気になる部分があります。

 

 青色の文字の文面です。

 

 定期的なメンテナンスが必要なのは間違いありませんが、このメンテナンスの価格設定に気をつけないと、折角白くなった歯を維持しようとしても『メンテナンス』の料金が高すぎると長続きさせることができなくなり、結局元の木阿弥になってしまう・・・・なんて事になりかねません。

 

 ホワイトニング治療を受ける際には、後々の事まできちんと歯科医師と話し合って納得した上で治療を開始して下さい。



このページを読んで下さった皆様には、是非ホワイトニングについて勉強して頂き、信頼出来る歯科医師の元で治療を受けて頂ける事を心より祈念いたします。



ホワイトニングQ&A ホワイトニングQ&A

コンテンツ

   

診療時間のご案内

 当歯科医院では、患者さんの待ち時間を最小限にするために、原則として予約制を採用しております。

診療時間
10:00〜13:00 ×
14:30〜18:30 × ×

 歯科医院での治療を御希望の患者さんは下記電話番号にて、当院に御連絡下さい。
当院スタッフが予約の空いている時間帯を丁寧にご案内致します。

山形屋歯科坂上医院専用 099-225-3789 山形屋内線 099-227-6086

鹿児島市金生町3番1号 山形屋デパート内
山形屋歯科坂上医院

COPYRIGHT(C) 山形屋歯科 坂上医院 ALL RIGHTS RESERVED.